奥山館跡
奥山氏館跡(奥山城址)

鎌倉時代後期に築かれた初代奥山領主・奥山左衛門太郎朝清の居館で、
南北朝時代には後醍醐天皇の皇子宗良親王を奉じた南朝方の支城でしたが、
永禄5年(
1562年)に今川勢に攻められて落城しました。