正法寺の山門

今から650年程前の鎌倉時代後期に建立された山門で、
冠木(かぶらぎ)には左甚五郎作とされる竜の彫り物が施されています。


左甚五郎作と伝わる山門の彫り物