ヘッター

開発の歴史

序 章
Prologue

はじめに

1978(昭和53)年、名古屋大学塩崎平之助教授によって、初めて竜ヶ岩洞の学術調査が行われた。

1981年(昭和56)6月、戸田貞雄が洞窟開発に着手する。
 貞雄の握る大ハンマーの岩を砕く音が、荒れ果てた砕石場跡に鳴り響いた。
来る日も来る日も、硬い岩盤や冷たい地下水流との苦闘が続く。
その果てに、待っていたものは・・・。

開発前の採石場跡。(1979.1)

開発前の荒れ果てた採石場跡(1979.7)
『終章』の写真と比べて下さい。

次のページへ    目次へ
 第一章へ     目次へ戻る
-2-

フッター