東海地方最大級の観光鍾乳洞・竜ヶ岩洞がある山

 これが、竜ヶ石山だ! 

竜ヶ石山全景
竜ヶ石山の全景   

   竜ヶ石山(りゅうがしやま)の概要

      竜ヶ石山は、明石山脈の南西に延びる支脈に位置し、標高は359.1mである。
      山を構成する岩石は秩父中古生層に属する石灰岩やチャート、輝緑凝灰岩
    などからなり、石灰岩には鍾乳洞(竜ヶ岩洞)が形成されている。
    また、山肌の各所には雨水によって溶かされた石灰岩が尖塔状に林立し、
    石灰岩地帯特有の地形であるカレンフェルト(=墓石地形)がみられる。
    山頂からの眺望は良く、晴れた日には遠くに富士山を望み、眼下には浜松
    市街や浜名湖を一望することができる。
    なお、山頂には三等三角点がある。

   

     トピックス:竜ヶ石山の山頂直下に、待望のトイレが設置されました!
           環境に優しい
ソーラー・バイオトイレです。           

竜ヶ石山関連ガイド
竜ヶ石山の目次