1.位置と地質


小野マンガン廃坑は浜名湖の北東岸にあり、地質学的には秩父中古生層に属する井伊谷層の分布域にある。
石灰岩・輝緑凝灰岩・チャートとともに小規模な層状マンガン鉱床が分布し、
北側の引佐町域の石灰岩塊には竜ヶ岩洞や栃窪鉱山・白岩鉱山跡が所在する。
マンガン廃坑を構成する数センチ巾の層状チャートには、数ミリ程度の泥質層との層状が認められ、
地層の走向はN80°Eで、ほぼ垂直を為している。
 

層状チャートの露頭

廃坑付近にみられる層状チャート


目次へ戻る 次のページへ 前のページへ 
  目次へ   次のページへ 前のページへ