ハ.洞穴(坑道)記載


<第1坑道(本坑)>
総延長:234.5m
高低差:7.1m
洞穴型:横穴

【坑口】
洞口(坑口)は一つで、真南に開口する。

開口部は、高さ1.8m×幅1.7mのトンネル型を為し、表土の被る風化したチャートを掘り込んでいる。

坑内】
坑道は、高さ1.6〜1.8m×幅1.4〜1.5mを保ちながら西側に大きく
緩いカーブを描くように掘られており、西方に延びる支洞で第2坑道と連結する。

坑口部に、約60cm程度の流入土の堆積がみられるが、坑道内の掘削土石はきれいに搬出されている。
洞床中央部には、枕木状に並べた枝木を20〜30cm程度の盛土を施し、鉱石搬出のための
足場が確保されている。

坑道は東西走向の垂直な地層を直角に掘り進んでいるので、
左右の洞壁に地層の層順を観察することができる。

また、天井一部に岩盤からの石灰分(炭酸カルシウム)の溶出が認められ、
1cm前後の乳白色を呈した二次生成物・つらら石がみられる。

特に、最奥部は石灰岩脈を筋状に挟む石灰質粘板岩(層理面は石墨化している)が露頭し、
壁面の全体に二次生成物である乳白色の流れ石(フローストーン)がみられる。



<第2坑道>
総延長:102.5m
(未測量部を含めると250mを越えるか)

高低差:15.1m
洞穴型:横穴・斜洞迷路型

【坑口】
坑口は一つで、斜面の表土及び風化岩石を掘り割る形で南南東に開口する。

開口部は、高さ2.0m×幅0.9のやや縦長の型を為す。

【坑内】
坑道は、坑口付近より分岐し、極めて複雑な支洞を有する。

試し掘りとみられる短い支洞を除き、斜洞をもって下方へと延びている。
斜洞は高さ1.5m×幅1〜2mを為し、約25°の傾斜を以ってクランク状に曲折し分岐している。
この複雑な支洞網は、マンガン鉱脈を追って掘削していった結果であろう。

斜洞は下層の横穴に連結するが、その横穴から伸びる支洞の一つが、
さらに下位の坑道である第1坑道(本坑)と連結している。

このように、第2坑道は複雑な迷路状の構造を為しているため、
チームによる調査においてもルート確認に注意が必要である。

また、斜洞部を中心にコキクガシラコウモリが多数棲息しており、コロニーを形成している。



第3坑道>
総延長:11.7
高低差:2.5
洞穴型:横穴

【坑口】
坑口は一つで、南向きに開口する。

チャート露頭の下部から掘り込まれており、坑口は高さ1.7m×幅1.4mである。

【坑内】
坑内の断面は、高さ1.0m×幅0.7m前後の規模で比較的狭い。

今回調査した坑道の中では最も短く、ワンクランクで行き止まりとなっている。



<第4坑道>
総延長:105.7m
高低差:4.9m
洞穴型:横穴

【坑口】
坑口は南東に開口し、サイズは高さ1.8m×幅1.5mである。
風化したチャート層より掘り込まれている。

【坑内】
坑内の断面は、高さ1.5〜1.8mで幅1.5mと比較的大きく掘られており、
坑口より12m地点で第6坑道と連結し、20m地点の右壁上部で第7坑道と連結する。
坑内の床には朽ちた丸太の支柱がみられ、湧水もあることから足場は悪い。

第6・第7坑道と斜洞で連結するこの坑道は、両坑道の搬出坑の役目を果たしたものと思われる。
また、坑道を天上部に向かって掘り上げ、天井の高さが約5mほどの吹き抜けになった箇所もある。
坑内には、22cmほどに成長したカーテン状やつらら石状の二次成生物が複数見られるが、
第1坑道の最奥部にみられた石灰質粘板岩がみられることから、鍾乳石と思われる。
多くは茶褐色から黒褐色を呈しているが、最奥部付近には白色のものもみられる。



<第5坑道>
総延長:41.3m
高低差:3.7m
洞穴型:横穴

【坑口】
真南に開口し、坑口規模は高さ2.0m×幅1.2である。

【坑内】
風化したチャートを掘り込んであり、坑内断面は高さ1.4m×幅1.0m前後のトンネル型を為す。

右へ延びる支洞は分岐後まもなく行き止まりとなり、左の支洞も石積みや土石で
塞がれているが、上部の隙間を覗くとさらに坑道は続いている。

また、坑道内の一部には高さ1.5m×幅1.3m×奥行1.3mの小部屋状に掘り込まれた箇所があり、
天上部と開口部にはコンクリートによる補強が為されており、かつては戸板が施されていたと思われる。

地元の藤田勇氏によれば、上部の坑道には火薬保管場所があったという。



<第6坑道>
総延長:47.3m
高低差:10.4m
洞穴型:横穴一部斜洞

【坑口】
坑口は2ヶ所あり、いずれも東向きに開口する。坑口は高さ1.2m×幅1.0mである。

【坑内】
坑道は、2つの坑口から西方に下りながら平行する形で掘られている。

坑内の断面は、概ね高さ1.3〜1.4m×幅0.7〜1.0mである。
坑道は2ヶ所で分岐するが、最奥部は土石が積み上げられ塞がれている。

坑道の両壁に15〜20cm厚の黒色層が水平に認められ、その部分が帯状に抉り取られた跡となっている。
これは、酸化マンガンの鉱脈を追う形で掘り進んだものであろう。

左方に分岐する支洞は、斜洞となって第4坑道坑口から12m地点の右壁に連結する。
また、坑内には茶褐色から黒褐色を呈するカーテン状の二次生成物が認められるが、
鍾乳洞に形成される幕状鍾乳石(カーテン)に比べて透明感がなく、指先で削れるほど脆い。

奥部の壁面に、浸透水が認められる。



<第7坑道>
総延長:30.6m
高低差:7.4m
洞穴型:横穴一部斜洞

【坑口】
坑口は真東に開口し、規模は高さ1.5×幅0.9mのきれいなアーチ型を為す。

【坑内】
坑口付近で左方へ分岐し、斜洞となって第4坑道の12m地点に連結する。
この斜洞は高さ0.8×幅0.9mの楕円形の断面を為し、急傾斜を以って下部の第4坑洞の上部に連結している。
この斜洞は、第7坑道で採掘した岩石を第4坑道に落とし坑外に搬出するための連絡坑と思われる。

坑口より6.5mと10m地点の床に掘り込まれた坑道跡が、坑内排水用のプールとして利用されている。
最奥部は、石積みと土石で塞がれている。


目次へ戻る 次のページへ 前のページへ 
 目次へ   次のページへ 前のページへ