洞窟の科学
鍾乳石の種類

      鍾乳石は石灰岩の洞窟(石灰洞)内に形成される二次生成物と呼ばれるものの一種で、
      炭酸カルシウム(カルサイト)の結晶である方解石で出来ています。

鍾乳石の名前と分類
鍾乳石はでき方や形状によって15種類ほどに分類されます。

でき方の主な要因 鍾乳石の名前

滴り落ちる水滴により
成長するもの
(ドリップストーン)

鍾乳管 しょうにゅうかん ストロー Straw Stalactite
つらら石 スタラクタイト Stalactite
石 筍 せきじゅん     スタラグマイト Stalagmite
石 柱 せきちゅう コラム Column
幕状まくじょう鍾乳石
カーテン Curtain
ベーコン Bacon
流れる水により
 成長するもの
流れ石 フローストーン Flowstone
畦石 あぜいし リムストーン Rimstone
洞窟真珠 どうくつしんじゅ ケイブパール Cave pearl
結晶そのものの
成長によるもの
石花 せっか アンソダイト Anthodite
浮遊ふゆうカルサイト フローティングカルサイト Flooting calcite
犬牙状けんがじょう結晶      −    −
針状しんじょう結晶 アラゴナイト Aragonite
毛細管現象や結晶の
ゆがみによるもの
           天井に成長
曲がり石 まがりいし
           床面に成長
ヘリクタイト Helictite
ヘリグマイト Heligmite
霧状の水滴やその他
要因によるもの
洞窟珊瑚 どうくつさんご
樹枝状石灰華
じゅしじょうせっかいか
ケイブコーラルあるいは
ケイブポップコーン
Cave coral
Cave popcorn

石灰分を豊富に溶し込んだ水が、地層のすき間を通って洞窟内にしみ出します。
そして、天井からしたたり落ちたり壁を流れ落ちる時に、少しだけ水分が蒸発し、わずかに石灰分があとに残ります。
そうして、石灰分が長い年月をかけて鍾乳石に成長していきます。


「時の壷」の公開実験データへ 『時の壷』の公開実験データ

鍾乳石が出来る時の化学反応式
CaHCO3+HCO3CO2+H2OCaCO3
    炭酸水素カルシウムイオン         二酸化炭素  水    方解石(炭酸カルシウム)
(岩の割れ目から洞内にしみ出る)            ↓           
                                空中に飛散      鍾乳石を形成

「鍾乳洞の形成」ページを参照してください。

前のページへ
「洞窟の科学」目次へ