洞窟の科学
石灰岩

鍾乳洞(石灰洞)は石灰岩の中に形成されます。
石灰岩の用途



石灰岩の形成
石灰岩は、生物の働きによって作られます。

1.熱帯の暖かく浅い海に、サンゴや腕足貝(わんそくがい)
など石灰質の殻を持った生物が栄える。

海のサンゴ


2.それらの生物の死がいが、長い年月の間
層になって海底にたまる。

海生生物の堆積


3.堆積した層が石灰岩となり、やがて圧力を
受けながら隆起し、陸地となる。

地層の隆起


石灰岩の生産者たち 
珊瑚(サンゴ)は、どのようにして石灰質の殻を作るのでしょうか?

サンゴによるカルシウムの形成
竜ヶ岩洞の石灰岩



サンゴは、海水に含まれる二酸化炭素とカルシウムを体内で合成し、
石灰分(炭酸カルシウム)の殻を作ります。


前のページへ
「洞窟の科学」目次へ