洞窟の生物−<詳細ページ>
   コウモリの生態

   コウモリは、空を飛ぶ哺乳類です。
   日本の洞窟には約30数種類。世界中には約2、000種類のコウモリが確認されています。

ほにゅうるい  よくしゅもく   だいよくしゅあもく
   哺乳類 翼手目 大翼手亜目 ・・・ 
オオコウモリのなかま
しょうよくしゅあもく
               小翼手亜目 ・・・ 
アラコウモリのなかま

   空飛ぶ哺乳類−Flying Mammal
  体長コウモリの多くは体長が5〜10cmで、翼の広さは体長の約5倍です。 
体重=コキクガシラコウモリは約6g。 なんと、1円玉で6個分の重さです。

顔コウモリの顔   体コウモリの体

コウモリのえさ



えさ=コウモリは種類によって、蝦などの昆虫や木の実、果物等を食べます。
   ふん=コウモリのふんはグアノと呼ばれ、燐酸分や窒素分が多く含まれています。
       グアノや グアノに生えるカビは、他の洞穴生物の貴重な栄養源になります。
        The droppings of bats are calld Guano, is important nutritious food for
        other animals lived in cave.

特徴
          1.コウモリは夜行性動物である。 Nocturnal Animal 
夜活動するコウモリ
昼間は暗い洞穴で眠り、夜になると洞穴の外に出て蝦や蛾などの昆虫を食べます。
During the day bats hang on the ceiling of
the cave, resting and napping.

At nightfull, however, they leave the cave
to feed, eat mosquite, moths and other
night-flying insects.


        2.コウモリはレーダーを使って飛ぶ。 Echlocation
レーダーを使うコウモリ
人間の耳には聞こえない超音波を物体に当てて、反射した音(エコー)を鼻の部分(鼻葉)で受ける事で、
狭い洞穴や闇の中でも自由自在に飛ぶ事が出来ます。
これを「エコーロケーション」といいます。
Bats can fly in the dark freely by emitting
Ultra-high frequency sounds.
(known as
echolocation)

3.コウモリは冬眠する。 Hibernants
コウモリはコロニーと呼ばれる群れをつくります。
昆虫などの少ない寒い季節(11月から4月にかけて)は眠ってすごし、
エネルギーを出来るだけ節約します。
       Bats hibernate for economizing on energy in the cold seasen
       when the number of insects as their feed is decreasing

前のページへ
前のページへ