洞窟の利用『住居・生活の場』

    今から約10万年前の中期旧石器時代、ヨーロッパや中東地方に生活していたネアンデルタール人 (旧人)は、
洞窟や岩陰を生活の場として使った痕跡を各地に残しています。
その後登場した後期旧石器時代におけるクロマニヨン人(新人)は、洞窟を住居としてだけでなく、
「信仰の場」として洞窟内の壁に壮大な壁画を残しました。
また現在でも、アラブやアフリカの遊牧民の中には、洞窟を住居に利用している例が見られます。
このように、洞窟や岩陰は古くから住居として使われてきましたが、それは洞窟の以下の特徴によります。


@外敵から身を守りやすい。
A雨や風などをしのぐ事ができる。
B洞内気温が一定で、夏は涼しく冬は暖かい。


このような特徴をもつ洞窟は、住居としてだけではなく狩りをするための一時的な
キャンプ地として使われたり、外敵から身を守るための避難場所として利用されてきました。
このように、家として使われた洞窟には以下のような共通点があります。

@洞口が大きくて、南向きで陽当たりがよいこと。
A洞窟内に地下水があるか、近くに水場がある。
B洞口付近に、作業ができる平らな場所がある。
(前庭部がある。)


掘谷洞窟(静岡県)
堀谷洞窟(浜松市浜北区)

日本各地に住居として使われた洞窟や岩陰遺跡が数多くありますが、
旧石器時代の洞窟遺跡は岩手県の風穴洞穴や栃木県の山菅洞穴、宮崎県の出羽洞穴など数は多くありません。
また、山形県高畠町には縄文草創期から古墳時代にかけての洞窟・岩陰遺跡が30ヶ所ほど確認されており、
『日向(ひなた)洞穴群』
一の沢岩陰群をはじめ、日箱岩洞穴、尼子岩陰などの遺跡から縄文草創期の隆起線文土器や多縄文土器が出土しています。
この高畠町の洞窟群には、洞穴古墳として使われた洞窟もあります。 (参照ページ :
「墓地」
国内の主な洞窟・岩陰遺跡としては、北海道余市町のフゴッペ洞穴、新潟県の室谷洞穴、愛媛県の上黒岩岩陰、
高知県の不動ガ岩屋洞穴、広島県の帝釈峡岩陰群、長崎県の泉福寺洞穴・福井洞穴、大分県の
聖岳洞穴などが知られていますが、他にも沢山の洞窟・岩陰遺跡が確認されています。

竜ヶ岩洞近辺では、浜松市北区の滝沢鍾乳洞行者穴、浜北区の堀谷洞窟にも
縄文時代や弥生時代の土器や石器が出土しており、
住居として使われていたと思われます。

前のページへ
 「人類と洞窟」目次へ