HORIYA CAVE
堀谷洞窟
 浜松市浜北区堀谷

堀谷洞窟の洞口
堀谷洞窟の開口部 

    掘谷洞窟は、洞口の間口が約7m高さは約3mの石灰岩洞窟です。
洞窟の奥行きは約30mで、奥に入るほど狭くなっています。
洞口は南向きで日当たりがよく、広く平らな前庭部があり水場も近いので、居住するには好都合な環境にあります。
これまでに発掘調査は実施されていませんが、洞窟探検の際に採集された土器や石器は縄文時代から平安時代にわたります。
また、イノシシの骨や貝類なども採集されていることから、遺跡保全の点からも正式な調査が望まれます。

堀谷洞窟洞口のシルエット
堀谷洞窟の洞口シルエット

前のページへ
「静岡県の洞窟・岩陰遺跡」へ