TAKISAWA-CAVE
滝沢鍾乳洞
 浜松市北区滝沢町

滝沢鍾乳洞の洞口
滝沢鍾乳洞の洞口

     滝沢鍾乳洞は、総延長165mの鍾乳洞で主に5つのホールから構成されています。
洞口は1つで、一部が斜洞の横穴洞窟となっており、洞口から最深部の第5ホール底部までの高低差は約30mあります。
1993年に、第1ホールから縄文時代の土器片が採集されたことから試掘調査実施され、
多数の土器や石器や獣骨片が出土しました。
出土した遺物も縄文早期から近世までの広い時代にわたっており、長く住居や祭祀の場として使われてきたと考えられます。
洞口付近は崩落した岩石によって埋もれた状態になっていますが、崩落前は半月状の大きな洞口が開いていたようです。

滝沢鍾乳洞の洞内図
滝沢鍾乳洞の洞内図

<参照ページ>
「自由研究の手引き」−野外観察のご案内・滝沢鍾乳洞
「自由研究の手引き」−滝沢鍾乳洞遺跡展示室
「洞窟トピックス」−滝沢鍾乳洞遺跡Vol-1〜Vol-4
「厳洞絵図」

前のページへ
「静岡県の洞窟・岩陰遺跡」へ