里山元気もりもり隊

「白橿の棚田」の一年

<春>
3月〜5月
田起こし・代掻き(しろかき)・畦塗り・田植え


田起こしが終わり、代掻き直前の棚田の様子。


田んぼに水を入れながら、代掻きをします。


畦を塗り固めて(畦塗り)、水を溜めます。


厚板を引いて、泥の深さを均一にする。


代掻きの仕上げは、手製とんぼで。


田植え前の棚田の様子。


いよいよ田植えの日! 横一列になって、植えていきます。


小さな田んぼにも、手分けして植えます。


「あと少し・・」腰が痛い!


棚田の春景色:田植えが終わった棚田の様子。


6月の夕闇に舞うホタルと浜松市街の夜景。



<夏>
6月〜8月
夏草刈り・田の草取り


炎天下の夏草刈りは、本当にしんどい。一ヶ月も経たない内に、また草刈りです。

before after
畦道と田んぼの境がはっきりしない。                        草刈り後のすっきり景観。




<秋>
9月〜11月
稲刈り・はざ掛け・脱穀


稲刈り直前の棚田の様子。


待ちに待った稲刈り。


カマで刈り取った稲を藁で束ねます。


束ねた稲は、“はざ掛け”で天日干します。


太陽の日差しを浴びて、米に甘みが増します。


棚田の秋景色:はざ掛けが並ぶ稲刈り後の景観。



<冬>
12月〜2月
枯れ草刈り・耕うん


枯れ草刈りが終わった棚田の様子。


荒起こしをして土を陽にさらし、土中に空気を取り込みます。


上段から下段へと、ひたすら耕うんしていきます。


棚田の冬景色:耕うん作業が終わった棚田の様子。


珍しい!棚田の雪景色。(2011年1月17日)

     
稲の切り株が、雪帽子の模様に!